二重まぶたの美容整形

美容整形を利用した二重まぶた

美容整形の中でも最もメジャーなものの一つに二重まぶたにするための手術があります。二重まぶたにするための手術はほとんどの美容外科で行われています。二重整形が誕生したのはかなり前の事です。今でこそ複数の手術法があり、その中から患者の希望する手術を選択する事ができるのですが、当時は技術も発達しておらず切開が必要となる手術が行われていました。しかし、二重整形に対する需要はとても高く、技術が現在の様に進化するまでにそれほど長い時間は必要ではありませんでした。

手術以外の方法

二重まぶたにする方法と言えば、やはり二重整形が一番有名かもしれません。でも二重まぶたにする方法は二重整形の他にもあります。二重化粧品と一般的に呼ばれていますが、ここ数年はかなりたくさんの種類が開発され市場に出まわる様になりました。従来の二重化粧品と言えばアイプチが有名でしょう。しかし、使う時にコツが必要などの理由からいろんな便利グッズが売られる様になりました。ファイバーやテープなどはとても画期的な方法で使い方は簡単です。

二重まぶたの施術の料金について

二重まぶたの美容整形の料金体系について知りたいことがある場合には、有名なクリニックの公式サイトやパンフレットなどに目を通しておくことがおすすめです。 現在のところ、コストパフォーマンスの良い施術の選び方に関して、ネット上で度々意見交換が行われることがありますが、いざという時に備えて、色々な立場の人の口コミを参考にすることが良いでしょう。

また、二重まぶたの状態を改善したい時にはある程度のテクニックが必要となることがあるため、短期間のうちに魅力的なクリニックを見つけることが重要なテーマとして挙げられます。

二重整形が完成するのは術後半年後

二重まぶたを作るための二重整形には、大きく分けて埋没法と切開法の二種類があります。埋没法は医療用の糸などで、切開法はメスで切開して、二重のラインをつくります。二重のラインをどこに作るかで、仕上がりが全く変わってくるので、医師とよく相談して決めることが大切です。

ラインを狭めて目に近づけると自然で変化の気づかれにくい目元に、遠ざけるほど派手で化粧の映える目元になります。どちらの二重整形でも、手術後から約半年ぐらいかけてラインが狭まってきます。特に術後数日は腫れで幅が広くなりますが、それが落ち着くと共に徐々に狭まってきて、大体術後半年ぐらいの位置が最終的なラインになる、といえます。

二重まぶたを手に入れるためのメイク

きれいになるためにメイクをしている女性は多いのではないでしょうか。メイクと言ってもたくさんのメイク道具があり、また数多くのメイク方法があります。そんな中で、二重まぶたを手に入れるためのメイクは人気があります。

本来、二重まぶたをメイクで手に入れるのは簡単な事ではありませんでした。きれいな状態を作りだすのも難しいですし、またその状態を維持するのも大変です。しかし、メイク道具や方法が改善された事により、誰でも自分で二重まぶたを作る事ができる様になりました。

二重整形における埋没法について

二重整形の施術として埋没法と切開法がある事は広く知られていますが、そのなかでも埋没法はメスを使用しないプチ整形として広く知られるようになりました。昨今においても美容整形の功績の大半が埋没法によるプチ整形であると言っても過言はないでしょう。

大きな特徴としては短い時間での施術と低料金であることがあげられます。また、メスを使用しませんので美容整形のなかでも、もっとも安全性が高い施術としてあげることができます。

まぶたの裏側から医療用の糸で縫い合わせることで二重を作りますので、万が一失敗した場合においてもやり直すことができますので、美容整形がはじめての人にとっても安心な施術でしょう。

二重整形におけるミニ切開法について

二重整形での施術方法で、切開法と埋没法がある事は広く知られていますが、他にもミニ切開法があるのをご存知ですか。ミニ切開法は部分切開法とも言われていて、埋没法ですぐに糸が切れてしまうような人や、切開に不安がある人がおこなう施術法になります。

1、2センチほどの切開をおこない、そのあと縫い合わせて二重を作る施術の方法になります。この方法も全切開の施術と同様で半永久的に二重まぶたを作ることができます。しかしながら、現在のまぶたの状態や理想のまぶたの形によっては、全切開の方法の方が適している場合もありますので、担当のドクターと話し合い決めていく事が重要です。

二重整形、二重まぶたについて