プチ整形で二重整形

どんなに簡単に済ませる事ができる二重まぶた整形でも、後で手術の跡が残ってしまわないか心配している人もいる様です。確かにこれから手術を受けようと考えている人はトラブルが起こらないか不安を抱く事もあるようです。

プチ整形ではメスを使用する事がないため、当然傷は目立たなくより小さくてすみます。そのため、二重整形の後の傷がよほど気になるという人はプチ整形にしてみるといいかもしれません。

傷の完治に関しては個人差もあるので、事前に医師にしっかりと確認を行いましょう。

メスを使った二重まぶた整形にするなら、医師に希望を伝えましょう。

二重まぶたになるための便利グッズ

二重まぶたを手に入れると言う事はそれほどたいした事ではありません。現在では二重まぶたになるための便利グッズがたくさんあり、ドラッグストアなどでも簡単に手に入ります。それらの便利グッズを上手に活用すると自宅で簡単に二重まぶたに変身できます。

しかし、自宅でできる簡単な方法は顔を洗ったり、水にぬれてしまうと効果を維持できなくなってしまいます。でも、整形手術の様にリスクを負うのはちょっといやだという人でも二重まぶたになる事ができます。特に未成年の若者にとっては手術を行えない事も多いのでこれらの方法はぴったりと言えるでしょう。

二重整形の適した内容について

二重整形にはプチ整形がありますので、メスを使用しないプチ整形である埋没法をおこなおうと思う人は多いでしょう。埋没法であれば時間もかかりませんし、まぶたの腫れも基本的には少ないとされています。

また、手軽にやり直しがきくことから希望する人も多いことでしょう。しかしながら、埋没法が適さないまぶたの人もいます。一重まぶたが厚い人やまぶたの幅をより広げたいと思っている人には適さない可能性もあります。そのような場合には無理に埋没法で施術をおこなうのではなく、担当のドクターとしっかりと話し合ったうえで決めていくことが望ましいでしょう。

二重整形のやり直しについて

あまり考えたくないことですが、万が一二重整形の仕上がりが理想と異なる場合には、やり直すことも可能になります。埋没法については切開をする事はなく、医療用の糸で縫い合わせているだけなので抜糸をおこなうことで、元の一重まぶたに戻す事が可能です。

また、切開法についてはまぶたを切開していますので、やり直しとなると身体への負荷や影響がかかることも考えられます。まぶたを切開した幅や長さ、まぶたの脂肪除去などによって、状況は大きく異なりますので多くの経験を持っているドクターに、施術してもらう事が有効な手段でしょう。

二重整形における二重の方法について

現代の美男美女に見られる特徴はいくつか共通した部分がありますが、そのなかでも多くの共通点としてあげることができるのが、二重まぶたによる大きな目です。二重まぶたを望む人は多く、日本においては美容整形のなかでも、もっとも人気のある施術内容になっています。

二重整形には大きく分けると2種類の施術の内容があります。どちらも根強い人気のある施術となりますので、力を入れている美容外科や専門のクリニックが多いと言えます。手軽におこなえる埋没法か、半永久的な二重にできる切開法か迷う人は多いと思います。医師としっかりと話し合ったうえで決めていくのがベストでしょう。

二重整形、二重まぶたについて