タルミを解消する二重整形

二重まぶたになりたい人だけが二重整形で効果を得られるのではありません。
まぶたのタルミを解消するために二重整形を受ける人もいる様です。
人は老化と共に肌がたるんできます。

そして、まぶたの皮膚もたるんできます。元々二重でも、皮膚がたるんできて実年齢よりも老けて見えるようになる人もいますし、目つきがきつくなり印象が悪くなる人もいます。たるんだ部分の皮膚を二重整形で目元をすっきりと見せる事ができます。

つまり、二重整形はアンチエイジングにも有効であると言えるようです。この方法を利用すれば簡単に若々しい見た目を取り戻す事ができます。自分の肌に年齢を感じている人はプチ整形で解消してしまいましょう。

加齢に打ち勝つ二重まぶた整形術

目元は、人の印象を大きく左右します。ぱっちりとした二重まぶたの場合には、それだけ顔も明るく見えますから、好印象につながりやすいといえます。しかしどんなに魅力的な顔立ちも、歳を重ねると、大きな変化が出てしまうものです。そんな加齢に伴う症状は、目元にも強くあらわれます。たるみなどは、その代表的なもののひとつです。

そのような事態を克服するために、美容整形は存在します。一度たるんでしまったまぶたも、美容整形を行うことにより、若々しい二重まぶたを取り戻すことができるのです。今は痛みや手術痕の少ない方法も選べますので、しっかり相談して、適切な施術を受けていきましょう。

二重整形・目頭切開で末広型を平行に

二重整形を考えたときに悩むのは、二重まぶたの形。大きく分けると、奥二重のような自然な末広型と、メイク映えする華やかな平行型の2つになります。これらは、もともとのまぶたの形で、どちらになるか決まってきます。

目頭側の皮膚には、蒙古ひだと呼ばれる、まぶたにかぶさるような皮膚があります。この皮膚が大きくかぶさっていると、末広型に。蒙古ひだがなく、目頭側にピンクの粘膜がはっきりと見えるような場合は、平行型になりやすいとされています。

ですので、末広型の方が、平行型を望む場合には、蒙古ひだを切開する必要がでてきます。この方法は、美容外科では目頭切開と呼ばれ、本来は目の横幅を大きくしたり、目の間隔を近づける目的でおこなわれています。理想の二重に近づくには、埋没法や切開法だけの二重整形にこだわるのではなく、目頭切開や脱脂法などの、ほかの施術と組み合わせるのもおすすめです。

くっきりとした二重まぶた

メイクをする時にも自分の顔に合ったメイクを行なうといいでしょう。人によって顔は違うので自分のためだけのメイクを研究して、どのようにすればきれいに見えるのかを研究するといいでしょう。

二重まぶたの人は顔の堀がありしっかりとした目鼻立ちの人が多いので、二重まぶたを活用して更にきれいに見えるメイクを研究するといいでしょう。よく外国人の様な顔立ちに憧れてさらに堀が深く見える様なメイクを行なう人もいますが、厚化粧に見える事もありますので、全体のバランスを見る様にしましょう。

二重整形の部分切開と全切開はどちらをすべきか

二重整形をおこなっていくうえで、どのような施術方法をするかで迷う人は多いでしょう。そのなかでもまぶたが厚い人や、埋没法でのお施術法を実践済みの人は、全切開か部分切開をすべきかで悩むケースもあるかと思います。

大きな違いとしては切開をおこなう長さになりますが、どちらを選ぶかによってダウンタイムによる影響や、まぶたの脂肪を除去するなどの施術法を適用することもできます。自身の持つまぶたとデザインをおこなう二重の形によって適している方法は異なりますので、担当のドクターの話しを聞いて決めることが一番の方法になるでしょう。

二重整形、二重まぶたについて